1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. DXのXって何?

BLOG

ブログ

スタッフブログ

DXのXって何?

「ヒロセさん、ICTって何でしたっけ」

「機器を使った何かじゃないですかね」

「え、危機?😲」

「いやいや、機器です💻」

「機器か!機器を使って…?」

「…」

巷に溢れるアルファベット語2~3文字の言葉、正式な意味はちゃんと理解していないものだなぁと思う。

ちなみに、

ICTとは、「Information and Communication Technology」、似た言葉のITは「Information Technology」なので、

ITは「情報技術」、ICTは「情報通信技術」を指す言葉です。

言葉の意味はほぼ同じですが、ITは「情報技術そのもの」、ICTは「情報通信技術を使って人と人が繋がる技術」ということです。Cがあるかないかで意味が少し違います。

 

「ところで、よく聞くDXのXって何でしょうね?」

「うーん…」

 

またまた調べてみると、DXとは、「Digital Transformation / デジタルトランスフォーメーション」のことで、直訳すると「デジタルによる変容」となります。

そこで1つ疑問が生じます。

「Dがデジタルってのはなんとなく分かるけど、なんでXがトランスフォーメーションなんでしょうね?

「…何ででしょうね?」

では、引用しましょう。

『「Transformation」が「X-formation」と表記される理由は、「Trans」という言葉の由来にあります。この単語はラテン語の「trans」が由来で、「変える」や「超える」といった意味を持ちます。この場合の「trans」は、「cross」という言葉と同義です。「交差する」という意味の「cross」は省略して「X」と書かれ、同じ意味の「trans」も「X」で代用されるようになりました。

 

引用デジタルトランスフォーメーションはなぜDXと略される?DXの意義や具体的事例まで紹介 | Think with Magazine (kddimatomete.com)

 

だそうです。

 

つまりX=crossで「交差する」と略すのです。

そうか、crossing=交差点です。

 

日本人でも、Xは交差するという概念がしっくりきますね。

 

そしてDX以外にもXという略語を使った言葉があります。

 

そう、Christmas → Xmasです。

 

クリスマスがなぜXなのかというと、これはキリストの十字架を表すそうです。

十字架がcrossなのでXなのだそうです。

 

ちょっとした雑談からとても賢くなった気分でした👍

(Written by HIROSE)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事