1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 海外の味を楽しむ

BLOG

ブログ

スタッフブログ

海外の味を楽しむ

多くの人が海外旅行へなかなか行けなくなってしまったと思う。(私はもともとほとんど行ったことはない)

そもそも以前ほど出歩いたり、外食を楽しむことが制限されてしまっている。

 

そんなときに、海外の食材やお菓子、酒類などが変える店舗に行くのはとても楽しい。今は何でもネットで買い物できるが、実際に商品を手にとって見たり、他の商品と見比べたりする方が私は好きである。また、何よりあの外国系スーパーのごちゃごちゃした感じがとても購買欲を刺激し、ワクワクするのだ。

 

まず、何と書いてあるのか読めない。日本語訳やカタカナが書いてあればラッキーだ。イタリア語や中国語ならばなんとなく読めるも気もするのだが、韓国語やベトナム語になるとお手上げである。パッケージ写真やチラリと見える中身で味を予測するしかない。これは何だろうと考えるのが楽しい。見た目が“無理”なものは買わない。

私にとって日本の通常のスーパーは必要な食材を買う場所であり、海外食材スーパーは不必要な食材を探す場所である。

 

これは一体何だろう。甘くて美味しそうだな、そう思って買ったお菓子がものすごく酸っぱくて更にものすごく甘かったり、

これは絶体に激辛だ、パッケージにドクロが書いてある、そんな見るからに危険そうなインスタント麺が、思いのほか大丈夫だったりもする。

イメージどおりの味だったときは“予想が当たった”と嬉しくなる。

最近、韓国人の方と知り合いになり、買い物途中にたくさんLINEのやりとりをした。

「この調味料は肉を炒めるときに使うとよいです」

「このスープは鶏肉と一緒に煮込むと美味しいです」

「辛いの好きな人はこの麺がよいです」

などの情報である。

彼女がおすすめしたものを、宝探しゲームのように店内で探して籠に入れていくのが楽しかった。ちなみに私は韓国語が全くできないし、彼女も日本語が全くできない。じゃあなぜやりとりできたのか。それはLINEの自動翻訳機能である。とても便利な機能があることを最近知って驚いた。直接会話はできないし、彼女と話すときはいつもスマホの画面を見せ合ったり、LINE越しだが、通じ合うことができる。

海外に行けなくても、気軽に食材を味わったり、他の国の方と関わったりしてみる、それが最近楽しいと思う。もう少しコロナが落ち着いたら、キムチの漬け方を直接教えてもらいたい。

(Written by HIROSE)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事