1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 日本人の英語力(1)

BLOG

ブログ

スタッフブログ

日本人の英語力(1)

「気象が計算できるなら気候も計算できると思った」

テレビから聞こえてきたその言葉が印象に残った。

今年のノーベル物理学賞を受賞した、米国プリンストン大学上席研究員の真鍋淑郎氏の言葉である。

 

分かった風に書いているが、私は気象と気候の違いが本当のところはよく分かっていないが、真鍋氏の言葉にもっともらしく「なるほど」と納得したのだ。

真鍋氏の英語でのスピーチはとても興味深かった。ユニークな人柄が現れ、尚且つインテリジェンスを感じさせるものだ。

真鍋氏はもちろん、長年アメリカで生活されているので、日常会話で英語を話しているだろう。

 

そこでふと思い出したのが、日本人ノーベル賞受賞者は必ずしも英語が堪能ではないということだ。中には「アイ キャント スピーク イングリッシュ」とインタビューの冒頭で話した受賞者もいたようだ。

 

自分はどうか。

小学生の頃、近所の英会話教室に週1回。なんとなく通っていた。

中学校の英語の授業、いわゆる「This is a pen.」である。それ、日常会話で使わないやつだ。

にもかかわらず、高校受験、大学受験とリスニングテストがあるのである。もちろん聞き取れずイライラしたものだ。

 

そして多くの人の疑問が湧いてくる。なぜ日本人はこんなにも英語が話せないのか。

そこで批判の矛先は学校の英語教育へと向かう。

(ちなみに現在の学校教育では小学校1年生から会話を中心とした英語の授業が始まっている。)

 

ブログのタイトルを「英語力」としたが、日本人は決して「英語」が苦手ではないと思う。英語を使った「会話」が苦手なのではないか?

私個人の意見だが、使わないものはできないのである。学校で、家庭で、町で、英語は飛び交っているか?いないだろう。

使われていてもそれは、ジャパニーズ イングリッシュ・ジャパニッシュだ。和製英語が馴染み過ぎているし、私もこうやってカタカナで「英語(?)」を書きまくっている。

 

いや、本当に学校だけのせいなのか?

生活の中にカタカナが溢れかえっているが――

 

 

レストランに入ったとしよう。(すでにもうカタカナである。)

 

 

何を食べようかな。

ハンバーグにしようかな。

食後にコーヒーもつけようかな。

デザートにアイスも頼んじゃおう。

 

ほら!

英語なんて使わなくていいじゃないか。

 

メニュー表もカタカナで書いてくれているし、店員さんだって、

Okay, so that’s one hamburger, a coffee and one ice cream. Is that right?」(←合っているのかも分からない)

なんて言わない。

そんな話はここまでにして、真面目な話に戻すと、日本人は英語が話せないことで、どんな弊害があるのか。科学力でも落ちるのか?論文って英語のイメージが強いが…。

 

――(2)へ続きます

 

 

(Written by HIROSE)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事