1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 実りの秋

BLOG

ブログ

スタッフブログ

実りの秋

日本には四季があるが、ここ何年かは5月でも暑いし、そのまま夏になって、10月でも暑くて、いつのまにか冬に突入しているような、三季になってしまったように感じていた。

 

最近も朝は冷え込み、掛布団も暖かいものに換えたし、上着も羽織って出かけるようになった。

「涼しくなったね」や「過ごしやすくなったね」ではなく、思わず「寒いね」と言ってしまうのだが、それでもやはり冬ではない。

秋なのだ。

窓から見える柿の木は、夏の終わり頃から青い実がなり始めていた。そしていつのまにか、真っ赤に色づき、とうに食べごろを迎えてしまったものは、人よりも先にカラスに味わわれていた。

さて、収穫しようじゃないか。

脚立に登って、枝を切る。

今年実がなっている枝には来年は実がならないらしい。だから、その枝だけを剪定していく。

何十個採れただろうか。

柿は味わいも見た目も、日本の秋らしさが感じられる。

「〇〇の秋」という表現は色々あり、秋は特に味覚で感じるものが多い気がするが、視覚で感じるものも多いと思う。

 

色づく紅葉、街路樹が落とした葉やどんぐり、実る果実、それらはいつの間にか変化しているから、見逃さないようにしないともったいない。気づくと冬になってしまうから。

 

さて、収穫した柿を食べるのが楽しみである。

こちらはカラス用↓ どうぞ召し上がれ。

(Written by HIROSE)

  1. tabe

    立派な柿ですね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事