1. HOME
  2. ブログ
  3. 経営
  4. 第2回 品質と価値の違いを知る(2)~経営は人にたどり着く

BLOG

ブログ

経営

第2回 品質と価値の違いを知る(2)~経営は人にたどり着く

経営は人にたどり着く

ものづくりの会社時代は、運よく仕事の面に早くから心理的経営もとり入れて来た関係で、1年間のプログラムを作成し社員を育成していました。
仕事の内容は微細な加工で1/1000~3/1000mmの公差の精度を要求されていた関係で、人間技の技術・技能と精神力をつける心を磨く育成をしてきました。よい習慣をつけて技術と精神の成長のバランスをよくするように育成してきたことで、経営品質のマネジメントにもある4つの項目に適した会社となりました。

①お客様満足
②社員重視
③社会貢献
④独自能力

これは世界共通の項目です。
4つの項目に適した会社になったことは、社内がよい環境になり、自然によい社風となりました。よい人間関係で雰囲気が明るく楽しくなり、社員の自主性も芽生えて組織文化ができたことは奇遇のようですが、経営に心理学を取り入れたことからと思います。

「出る杭は打たない」「とにかくやってみよう」「社員のハッピーがよい仕事につながる」などの言葉が企業遺伝子になったのです。このことは、毎年大勢の学生が工場見学に来た時の毎回のアンケートに記され、外部の若い人も感じ取っていました。

私は「人事資本経営」としてやってきたこと、エンゲージメント(自主的責献意欲)の導入により証として世界的な企業のGEから次の評価を頂きました。

1.世界一の技術がある
2.年間通しての教育プログラムがある
3.独自のよい社風がある

と3つの項目を審査した結果です。その他に旧大宮市「テクニカルブランド企業」九大都市首脳会議「九都県市のきらりと光る産業技術」として表彰されました。

―(3)へ続きます!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事